【規格外のジャーナリズム】日テレ、W杯コロンビア戦での大迫選手の活躍を受けて『大迫はんぱないbot』にコメントを求める。そんなんできひんやん普通!

か、勝った……嘘だろ? 勝っちゃったよ!! こんなことあんの!? マジかよォォォオオオ! 昨日2018年6月19日のW杯コロンビア戦の直後、見ていたほとんどの人はこうなったんじゃないだろうか。まさか南米のチームに日本が勝っちゃうなんて……大迫半端ないって

一日経った本日も、勝利の余韻に酔いしれている人も多いかと思われるが、そんな中、「日本テレビ報道局取材班」が規格外のジャーナリズムを発揮しているためお伝えしたい。

・決勝点を決めた大迫選手

昨日の試合でMVPを挙げるとしたら、間違いなく大迫勇也選手だろう。1点目は大迫選手の抜け出しからのPKだし、なにより決勝点のヘッドは素晴らしかった。

「大迫半端ないって! あいつ半端ないって!! 後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん。そんなんできひんやん普通!」

これは、2008年から2009年に開催された『第87回高校サッカー選手権』の準々決勝で、鹿児島城西に敗北した滝川第二高校のキャプテンが大迫勇也選手を絶賛した言葉だ。

・ネットで大人気

ネットで大人気のこの名言。Twitter上では、『大迫はんぱないbot』というアカウントも作られ、フォロワーが10万人を超える人気アカウントとなっている。

昨日のコロンビア戦も大迫選手は半端なかった。半端なさすぎて、「日本テレビ報道局取材班」がこの『大迫はんぱないbot』にコメントを求めている。送られたリプライは以下の通り。

「突然のご連絡失礼致します。日本テレビ報道局です。ロシアW杯、日本の試合で大迫選手が活躍したことを受け、「大迫はんぱないbot」様にお話を伺わせて頂きたく思っております。お忙しい中とは思いますが当アカウントをフォローして頂きDMで伺えますと幸いです。宜しくお願い致します」

──完全にbotであることを認識しながらのリプライである。昨日の試合で、「大迫半端ないって」の旗が映ったシーンがあったため、その話なのかもしれない。

日本テレビ半端ないって! ジャーナリズム半端ないって!! 大迫選手も名言残した滝川第二のキャプテンも越えてbotに話聞きに行ってるもん。そんなんできひんやん普通!

はたして、大迫半端ないbotの中の人はこれに応えるのか? ちなみに、プロフィールには「DMは見ません」と書かれているが……今後の展開を見守りたい。

参照元:Twitter @NTV_shakaibu
執筆:中澤星児


Source: ロケットニュース24