【炎上】ある参議院議員、W杯コロンビア選手のハンドを見て「安倍政治は罪深い」→ 批判殺到「流石にネタだろお前」「覚せい剤やってませんか?」

初出場アイスランドがアルゼンチンと引き分け、メキシコがドイツから歴史的勝利をもぎ取るなど、大番狂わせが続くW杯。日本もその流れに乗ったのか昨日2018年6月19日、W杯初戦のコロンビア戦で勝利を収めた。

「マジかよ!」「大迫半端ないって」など日本中の熱狂が聞こえてきそうな本日。私(中澤)も、いまだに勝利の余韻に浸る1人だが、ある国会議員はそんな私たちとは全く違う感想を抱いたようだ。コロンビア戦についての小西ひろゆき参議院議員のツイートに批判が殺到している。

・レッドカード退場を見て

物議を醸しているツイートは、試合中の22時4分につぶやかれたもの。コロンビア代表カルロス・サンチェス選手のハンドによる一発退場を見ての感想だ。内容は以下の通り。

「W杯。主審の目の前でハンド反則でシュートを止めたコロンビア選手。チームを救うための究極の行為は一発レッドカード。反則は絶対悪、退場も最悪ミスだが、我が身を捨てた執念の行為に、あの瞬間に何もせず、失点承知でシュートを見送るだけの国会議員が何人いるだろうかと考えた。安倍政治は罪深い」

──W杯の相手チームのレッドカードから安倍政権への批判を展開。このツイートに対し、ネットでは以下のような声が集まっている。

・ネットの声

「流石にネタだろお前」
「覚せい剤やってませんか?」
「はっきり言って表現が異常過ぎます(笑)」
「純度100%の気違いだと心底思いました」
「スポーツに安倍もクソもあるか」
「まさかの国会議員ご本人様のアカウント」
「もう病気だ」
「安倍政権全く関係ない」
「意味不明」
「なに言ってんの?」
「日本の勝利にしょうもない水を差さないでいただきたい」

──批判が殺到し炎上状態に。なお、このツイートは6月20日15時現在、2万8000リツイートを超え大拡散している。続くツイートで小西議員は「大拡散となり恐縮至極です」とつぶやいているが、リツイートが共感や賛成によるものなのかどうかは不明だ。

参照元:Twitter @konishihiroyuki
執筆:中澤星児


Source: ロケットニュース24