【炎上】ピエール瀧逮捕でディズニー億単位の賠償請求か / アナと雪の女王販売中止の可能性で絶望へ「オラフ声を録り直しか」

pierre-taki-denkigroove-taiho12

世界的人気テクノバンド「電気グルーヴ」メンバーのピエール瀧容疑者(51歳)が、2019年3月12日(火曜日)に厚生労働省の関東信越厚生局麻薬取締部により、麻薬取締法違反容疑で逮捕された。

・ゲーム「JUDGE EYES: 死神の遺言」は販売自粛が決定
それによる悪影響は甚大で、ピエール瀧容疑者が出演している人気テレビゲーム「JUDGE EYES: 死神の遺言」は販売自粛が決定し、さらにNHKドラマ「いだてん」やTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」にも影響が出ると言われている。

・ピエール瀧容疑者が重要キャラのオラフの声
そんな悪影響をまき散らしているピエール瀧容疑者だが、もっとも大ダメージだといわれているのが、ディズニーのアニメーション作品「アナと雪の女王」「アナと雪の女王2」「アナと雪の女王/家族の思い出」の3作品だ。ピエール瀧容疑者が重要キャラクターのオラフの声を担当しているのである。以下は芸能関係者のコメントである。

pierre-taki-denkigroove-taiho

・芸能関係者のコメント
「すでに公開されている「アナ雪」と「家族の思い出」は声優の差し替えが必要となるでしょう。もちろん出荷しているブルーレイやDVDなどは回収と出荷停止と在庫廃棄処分。そして「アナ雪2」は最初から別人が声優を務めると思います。賠償責任が発生すればその金額は億単位になるでしょう。ディズニーには過去にも、犯罪に手を染めた羽賀研二を降板させて『アラジン・スペシャルエディション』と『アラジンジャファーの逆襲・スペシャルエディション』の声を改めて録りなおしたことがあります」

・オラフの声優変更はほぼ確定
子どもたちに夢を与えるはずの存在が、絶対に手を出してはいけない麻薬を使用していたのだから、イメージを大切にし、子供たちに夢を与えているディズニーとしては、オラフの声優変更はほぼ確定と言えるだろう。

もっと詳しく読む: ピエール瀧逮捕でディズニーが億単位の賠償請求か / アナと雪の女王の販売中止の可能性で絶望へ(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/03/13/pierre-taki-disney-frozen-news/

Source: バズプラスニュース