【セレブ】スシローなのに300円もするイカ「極上剣先いか」を食べてみた結果…

「うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯」を企業理念に、全国500店舗以上を展開するスシロー。その言葉通り、スシローで食事をした後は おなかも心も満たされるという人は多いことだろう。

記者も安くてウマいスシローが大好きなのだが、つい先日スシローらしからぬセレブ寿司を発見してしまった。それが『極上剣先いか』である。大変失礼な言い方だが、スシローなのに300円もするイカとは一体……? 清水の舞台から飛び降りるつもりで実際に食べてみたのでご報告しよう。

・最高級ランクのイカ

期間限定メニューとして販売中の『極上剣先いか』。冒頭でもお伝えした通り、スシローの中では最高級ランクの300円(お店によっては320円)のにぎり寿司で、王者にしか許されない “黒皿” で提供されている。

別に300円の寿司があること自体は構わないが、「300円のイカ」とはどういうことなのだろう? 同じく300円の「天然インド鮪3貫盛り」や「とろとろトロうに」「活あわび」と比べた場合、どうしても見劣りしてしまう。

さらに言うならば、他のイカのメニュー「いか」「いか塩レモン」「炙りやりいか」「こういか」などは、全て100円で提供されている。単純に考えると『極上剣先いか』は、これら “100円イカ” の3倍は美味しくないと割に合わない。果たして『極上剣先いか』に300円の価値があるのだろうか?

・100円のイカと食べ比べる

というわけで、断腸の思いで「天然インド鮪3貫盛り」を諦め『極上剣先いか』を注文。また、他のイカと比べるため「いか」と「こういか」も注文した。「極上剣先いかに300円の価値があるのか?」100円と300円の差をきっちり見極めるための作戦だ。

まずいただくのは主役の『極上剣先いか』から。見るからに肉厚な身は口の中でねっとり甘く、イカとしての旨味は申し分ない。ほう……これはなかなかウマいではないか。一言で表すならば “超濃厚なイカ” であるが、この時点で300円の価値があるかはわからない。

お次に100円の「いか」と「こういか」を食べてみると……!

全ッ然違う!

同じイカとは思えない!!

『極上剣先いか』を食べた直後だと「いか」と「こういか」からは、甘さや旨味がほぼ感じられなかった。その倍率は3倍どころではなく10倍くらいある気さえする。そう思えばむしろ『極上剣先いか』は安い! さすが俺たちのスシローや!!

……と言いたいところだが、個人的には同じ300円なら「天然インド鮪3貫盛り」を頼んでしまうかなー、というのが正直なところだ。別の言い方をすると、とにかくイカが大好きな人は『極上剣先いか』に大満足することだろう。なにせ普通の「いか」の10倍くらい甘いのだから。

というわけで、他のイカと比べて『極上剣先いか』が段違いにウマいことが判明した。期間限定なのでいつまで提供されるかはわからないが、イカが大好きな人ならばきっと満足するハズだ。

参考リンク:スシロー
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24