【検証】アイコスの「ヒートスティック」もプルームテックの「たばこカプセル」も両方吸える互換機を試してみた

「アイコス3」が発売開始されてから約半年が経った。やっとコンビニでも購入が可能になり、発売開始時は1万980円だったのが、現在『春割』キャンペーンで7980円で購入することができるようだ。そうしている間に、JTが「プルームテックプラス」と「プルームS」の販売を開始し、電気加熱式たばこ市場は、まさに “加熱” している。

そんななか、私(佐藤)はスゴイものを発見してしまった。都内某所のたばこ屋で、アイコスもプルームも吸える代物が販売されていたのである! マジかよ、両方を吸えるってどんな仕組みなんだッ!!

・プルームとアイコスの違い

その製品は、「gippro」というメーカーの『マルチファンクション T-VAPER SW-1』だ。購入時の価格は9980円(税込)である。店主に聞くと、製品は予想通り中国製。いわゆる互換機である。

プルームテックを吸うことができるということは、構造上、電子たばこと同じ「ヴェポライザー」に類される。電気で液体リキッドを加熱して、煙(水蒸気)が出るという仕組みだ。吸い口部分にプルームのカプセルを装着すれば、喫煙できることはわかる。

だが、アイコスは「ヒートスティック」と呼ばれるたばこ葉を丸めたものに、加熱した芯を刺して喫煙する。 “燻す” ことによって、煙が出る仕組みだ。そのアイコスのヒートスティックをこの機器に装着して、本当に喫煙できるのか?

一体どんな味になるのか、まったく想像がつかなかったので、とにかく買って試すことにした。

・初代プルームに近い構造

箱に入っているのは、バッテリー内臓の本体とフレーバーキャップ2種。それに液体リキッドの入った「カトマイザー」と、マウスピースは2つ。それにUSB充電器である。

充電方式は、初代のプルームテックと同じ。本体部分をUSB充電器に接続する。充電器を本体にねじ込むのが少々面倒だ。

・プルームのたばこカプセルを吸う

充電が完了した状態で、実際にプルームテックのカプセルを吸ってみるとしよう。喫煙するには、まずカトマイザーを本体に装着する。

次に、フレーバーキャップA(プルーム用)をカトマイザーの上から装着する。

そして、キャップにプルームのたばこカプセルを挿入して準備完了だ。

本体にオン・オフスイッチはない。充電不足でなければ、吸うことで電源が入るようになっている。この点も初代プルームテックと同じ。実際に吸ってみると……。

おお! 結構煙が出る。プルームテックプラスと同等の吸い応えといったところだろうか。ちなみに、カートリッジは1本で300回吸うことが可能なのだとか。1本のカートリッジで、カプセル6本分(1カプセルあたり50回吸える)吸えることになる。

プルームテックプラスを、少しパワフルにした感じと言ったところか。気になるのは、プルームよりもアイコスを吸うとどうなるかだ。

・アイコスのヒートスティックを吸う

アイコスのヒートスティックを吸うには、キャップをフレーバーキャップB(アイコス用)に交換しなければならない。交換したうえで、ヒートスティックを挿入。本当に煙は出るのか? 芯(ブレード)を刺していないのに煙が出るとは、ちょっと想像できない。はたして……。

いざ勝負! 深く吸い込んでみると……

煙が出た!!!!

出る! 煙出る!! めっちゃ出るやん!

すげえええええ! プルームもアイコスも両方吸えた!! なんて革命的なんだーーーッ!

…………いや、ちょっと待てよ…………

良く考えたら、煙が出るのは当たり前だ。なぜなら、最初に述べたように、液体リキッドを加熱しているから、水蒸気が出るのは当たり前だ。ヒートスティックを装着しなくったって、煙が出る。プルームのたばこカプセルがなくったって、煙は出てくる。

問題は “喫味” があるか? ということだ。

やはりヒートスティックは、水蒸気を通して吸うものではないため、喫味は弱い。とても弱い。アイコスで吸う100分の1くらいの満足度しかない。だが、ヒートスティック抜きで吸うよりはマシと言った程度である。

・まとめ

結論としては、アイコスもプルームテックも吸えるけど、満足いくようなたばこ体験ができるかどうかは微妙なところだ。やはり仕組みの違う2つのたばこを1つにするのは少々無理があるかも……。しかしながら、この手の互換機は進化が早く、意表をつくアイディア商品がドンドン出ている。正規品の進化が追いつけないほどのスピードで進化しているので、ぜひとも正規メーカーも負けずに進化を続けて行って欲しいものだ。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24