アップル純正の「SDカードカメラリーダー」がシンプルながら超便利! iPhoneユーザーでデジカメも併用してるなら必須かも!?

今さらの商品かもしれない。だが、つい最近使い始めて「な、なんて便利な商品なんだ!」と涙しそうになったため、感動共有しておきたい。何の商品かというと、アップル純正の「SDカードカメラリーダー」だ!

この商品で何ができるのかといえば、「デジカメ等で撮影した画像データが入ったSDカードの中身をブリブリとiPhoneの中に入れることができる」だけ。しかし、そのシンプルさが逆に便利だと感じたのである。

使い方は、いたって簡単。Lightningコネクタを iPhoneに接続して……

SDカードを入れたら……

自動的に一覧表が出てくる!! ちなみにこの時に入れたSDカードの中に入っていた画像データは……

ふんどし姿でジャンプするサンジュンだった……。

それはさておき、あとは取り込みたい画像をポチポチと選択して、

「読み込む」したら……

ブリブリブリ〜っと、予想以上のハイスピードで画像がiPhoneに取り込まれるという仕組みである。カメラとiPhoneをWi-Fi接続して……みたいなことをしなくて良いので超ラクチン! ちなみに画像だけでなく、動画もイケるので……

GoProのデータを取り込みたい時なんかも、いちいち専用アプリで制御するより、この「SDカードカメラリーダー」を使ったほうが、シンプルかつスピーディーに取り込むことができる。最高じゃ〜、最高じゃぁ〜!!

・忘れかけてた “直接感”

これまでデジカメで撮影した画像をiPhoneに取り込むのには、それぞれのカメラの専用アプリを使ってきたが、今後の使用頻度は減りそうだ。操作感とスピーディーさがケタ違いなうえ、なんというか、「SDカードからデータをiPhoneに注入してる感」が直感的かつ直接的で楽しいのだ。

近ごろの世の中は便利になったもので、何でも「無線」で送れてしまう。姿の見えない画像データが宙を飛び、いつのまにかスマホの中に入っている。それはまるで魔法のように。便利だけど、少し寂しい。この感覚を現実世界に例えるならば、メールや電話で事を済ますのではなく、直接人と会って話したいときもある……みたいな感じか。

一方、この「SDカードカメラリーダー」は、デジカメと iPhoneが直接会ってデータを受け渡ししているような感覚になる。そんな “直接感” が、逆に今、欲しいのだ。ちなみに価格は税別2800円。心の底から、買ってよかった!\(^O^)/

参考リンク:アップルストア「Lightning – SDカードカメラリーダー」
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24